HRサミット2017にて「Willysm」(ウィリズム)の講演を実施

【イベントレポート】2017年9月19日(火)、東京 港区の赤坂インターシティ コンファレンスセンターにて開催された日本最大級の人事フォーラム「HRサミット 2017」において、キーポート・ソリューションズのWillysm(ウィリズム)の講演がおこなわれました。

記事をシェアする

  • twiiter
  • facebook
今日からはじめるポジティブ心理学 ~31%の生産性向上と離職率改善~

HRサミットは、人事専門のポータルサイト「HRプロ」を運営するProFuture株式会社主催・東洋経済新報社後援による日本最大級の人事フォーラムイベントで2012年から開催されており、2017年は9月19日(火)から22日(金)まで総受講者数9,177名、100を超えるセッション(講演)数を擁して東京港区の赤坂インターシティ コンファレンスセンターにて開催されました。

その中で、キーポート・ソリューションズ シニアコンサルタントの稲田勇祐が「今日からはじめるポジティブ心理学 ~31%の生産性向上と離職率改善~」の講演タイトルとして、モチベーション・マネジメントシステム「Willysm」(ウィリズム)を用いた生産性向上や離職率改善、パワハラ未然防止を実現する方法とその実践結果、システムのアイデアの源の一つであるポジティブ心理学の紹介をおこない、「Willysm」(ウィリズム)を導入いただいているユーザー様の声として三浦市社会福祉協議会 CHO(健康管理最高責任者)の成田慎一様と日新シャーリング株式会社 取締役 渡邉忠英様にもご登壇いただいて、導入に至った経緯やご利用いただいている様子、今後の課題などについて事例に基づいた説明がおこなわれました。

三浦市社会福祉協議会 CHO成田慎一

三浦市社会福祉協議会は、神奈川県三浦市にて地域の福祉推進の中核として活動をおこなっている非営利の民間組織です。『福祉』という人が人をみるサービス業では、リハビリをしている高齢者に「今日はお疲れですね」と我々の心身の状況をいとも簡単に見抜かれることもあり、こちらが意図しなくても心身の状況は相手に伝わってしまうものであると日々感じています。そんな中、「自身が心身ともに健康でなければ『良い支援者』たりえない」という信念から、神奈川県のCHO(健康管理最高責任者)構想に賛同し、「Willysm」(ウィリズム)を導入した健康経営を積極的に推進しています。

三浦市成田様.jpg

  三浦市社会福祉協議会 CHO成田慎一様の説明の様子

日新シャーリング株式会社 取締役 渡邉忠英様

東京都墨田区にて創業した日新シャーリング株式会社は鉄鋼厚板の加工・販売を行っている企業です。東京スカイツリーや六本木ヒルズ、新国立競技場へ資材を提供しています。

社内で業務を分析した結果としてモチベーションマネジメントの必要性から「Willysm」(ウィリズム)を導入いただきました。当初は日々の活動状況の入力が伸びなかったものの、社内で入力促進キャンペーンを行った結果、社内のチーム間で良い競争が起こり、業務効率と「Willysm」(ウィリズム)の入力率が比例して向上したり、社員同士でコミュニケーションが増えたりと、良い効果が生まれています。

日新シャーリング渡邉様.jpg

  日新シャーリング株式会社 取締役 渡邉忠英様の説明の様子

「Willysm」(ウィリズム)セッション(講演)は60席がすべて満席で、人手不足時代の中での関心の高さがうかがえました。「Willysm」(ウィリズム)のセッション(講演)は好評であることから継続して実施しており、次回は2017年11月14日から17日にかけて東京 大手町サンケイプラザにて開催される「日本の人事部 HRカンファレンス2017-秋-」において15日(水)のセッション(講演)に登壇を予定しています。

記事の関連情報

心理状態を可視化して組織の活力向上へ
三浦市社会福祉協議会が「Willysm」(ウィリズム)の利用者表彰式を実施

製品・サービス各ページへのリンク一覧

最新情報

PAGE TOP