よくあるご質問

会社情報について

Q. 会社が設立されたのはいつですか

1997年5月です。会社の基本情報についてはこちらにもございます。
また会社の沿革についてはこちらからご覧いただけます。

Q. 上場したのはいつですか

2004年8月に東京証券取引所マザーズに上場いたしました。

Q. 社名の意味は何ですか

「SIOS is Innovative Open Solutions」の頭文字を取ったもので、"革新的な技術を活用して、オープンソリューションを提供していく"という思いが込められています。
社名の由来とロゴマークの説明についてはこちらにもございます。

Q. グループ会社を教えてください

現在のグループ会社はこちらをご覧下さい。

事業内容と戦略について

Q. どのような事業内容ですか

当社グループは以下2つの事業セグメントがあります。

<オープンシステム基盤事業>
米国子会社SIOS Technology Corp.(旧SteelEye Technology,Inc.)の製品である「LifeKeeper」等のほか、Linux OSである「Red Hat Enterprise Linux」及びLinux関連ソフトウェアの販売を行っています。また、OSSに関するさまざまな問い合わせに回答する「サイオスOSSよろず相談室」や各種コンサルティングサービスの提供も行っています。

<アプリケーション事業>
Google Apps連携サービス「SIOS Integration for Google Apps」やMFP関連ソリューションの提供のほか、Webアプリケーション製品の販売、企業情報システムの受託開発、各種コンサルティングサービスの提供を行っています。

Q. 強みは何ですか

サイオスの強みは次の3つです。

  1. グローバルな自社開発力

    日本と米国の優秀なエンジニアにより、競争力のある製品を生み出す自社開発力を有しています。

  2. オープンソースソフトウェアを中心としたサポート力

    これまでに蓄積したオープンソースソフトウェアを中心としたテクノロジーノウハウにより、保守や障害対応に必要なサポート力を有しています。

  3. グローバルな流通ネットワーク

    大手ディストリビューター、システムインテグレーターを中心としたグローバルな流通ネットワークを有しています。

Q. 今後の戦略を教えてください

当社グループは、DX投資の加速によるクラウド関連事業の伸長を好機とし、2023年 EBITDA 7.7億円、ROIC 16.8%を目指しています。
詳細は、2021年2月発表の決算説明会資料に記載しておりますので、こちらをご覧ください。

Q. M&Aは今後も続けていくつもりですか

今後成長が期待できる分野で、買収による相乗効果の望める先があれば検討していきます。

株式関連について

Q. 株価対策についてどう考えていますか

中期経営計画の実現を目指すための当社グループの努力が、結果として長期的な視点での株価対策になると考えております。
中期経営計画については、2021年2月発表の決算説明会資料に記載しておりますので、こちらをご覧ください。

Q. 配当政策についてどう考えていますか

当社は、今後の事業展開に備え経営体質を強化すること、並びに、株主の皆様に対する利益還元を重要な経営課題と認識しています。
利益配分につきましては、経営成績、財政状態及び今後の事業展開を勘案し、必要な内部留保を確保しつつ、業績に応じた配当を継続していくことを基本方針としています。

Q. 株主優待はありますか

現在のところありません。

Q. 株式の諸手続きについての問合せ先はどこですか

三井住友信託銀行 証券代行部です。
電話 0120-782-031(フリーダイヤル)
住所などの連絡先(事務取扱場所)についてはこちらにございます。

決算関連について

Q. 決算期はいつですか

12月です。

Q. 決算発表日はいつですか

詳しい日程についてはこちらをご覧ください。

Q. 決算や業績などの情報を知りたいのですが

決算資料・四半期開示資料についてはこちらでご覧になれます。
業績推移についてはこちらでご覧になれます。
決算説明会の資料についてはこちらでご覧になれます。