サイオスグループ、設立25周年に向けてコーポレートロゴをリニューアル

2021年12月 8日サイオス経営

サイオス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:喜多伸夫、東京証券取引所 第二部:3744、以下、サイオス)は、2022年1月1日よりコーポレートロゴをリニューアルします。また、同時にサイオスの事業会社である、サイオステクノロジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:喜多伸夫、以下、サイオステクノロジー)、米国事業会社である、米国サイオステクノロジー社 (SIOS Technology Corp. 本社:カリフォルニア州サンマテオ、CEO:喜多伸夫、以下、STC)のコーポレートロゴも変更します。

【現在のコーポレートロゴ(左)と新コーポレートロゴ(右)】

新旧ロゴ.jpg


【コーポレートロゴ変更の目的】
サイオスグループは、2022年5月に設立25周年を迎えます。今回の変更は、四半世紀を迎えるにあたり、サイオスグループのミッションである「世界中の人々のために、不可能を可能に。」の実現を目指し、さらなる成長・発展への決意表明を目的としています。

【コーポレートロゴに込めた思い】
現在のコーポレートロゴは、"常にInnovativeに時代と技術を見据える洞察力"を「サイオスの眼(中心の円)」として表現したものですが、新たなコーポレートロゴは「サイオスの眼」をベースに無限大(∞)を加えたデザインに変更します。
無限大をイメージした新しいコーポレートロゴは、サイオスグループの一人ひとりが自らの力を最大限に発揮し成長し続ける「無限の可能性」を表現しています。また、シンボルマークを構成するふたつの図形の大きさ等の違いは、サイオスグループが重要視する「多様性」を表現しています。
一人ひとりの違いを互いに認め尊重し、強みとして生かしあうことで、サイオスグループは新たな未来を創り出すという思いを込めています。


■サイオスについて
サイオスは、Linuxに代表されるオープンソースソフトウェアを活用したシステムインテグレーションを原点とし、ソフトウェア製品およびSaaSを提供するテクノロジー企業群を子会社に持つ東証二部上場の持株会社です。「世界中の人々のために、不可能を可能に。」をグループミッションに、イノベーションによって人々の課題を解決し、より良い社会の実現に貢献してまいります。
詳細情報は、https://www.sios.com をご覧ください。

■サイオステクノロジーについて
サイオステクノロジーは、Linuxに代表されるオープンソースソフトウェアを活用したシステムインテグレーションを原点とし、自社開発ソフトウェアおよびSaaS製品の販売とサービスを行っています。直近では、クラウドをはじめDXの技術領域に注力し、次世代を支える新製品とサービスを提供しています。これからも革新的なソフトウェア技術を追求し、世界のIT産業に影響力のある存在となって価値を創造し、社会の発展に貢献してまいります。
詳細情報は、https://sios.jp をご覧ください。

■SIOS Technology Corp.について
SIOS Technology Corp.(STC)は米国カリフォルニア州サンマテオに本部を置くサイオスの子会社です。1999年に設立、米国・欧州を中心に事業展開を行っています。
詳細情報は、https://us.sios.com をご覧ください。

■お問い合わせ先
サイオス株式会社
広報
TEL:03-6401-5120  Email:mktg@sios.com

株式会社井之上パブリックリレーションズ
サイオスグループ担当:森田、大浦、白川
TEL:03-5269-2301  Email:sios@inoue-pr.com

※現在テレワーク勤務中につきお電話に出られない場合がございます。メールでお問い合わせいただけますと幸いです。