サイオステクノロジー経営方針

IRポリシー

IRポリシー

情報開示に関する基本方針

当社は、全ての株主・投資者の皆様に対し、迅速で公平かつ正確な情報開示に努めます。また、会社法、金融商品取引法、その他の法令及び証券取引所の定める「有価証券上場規程」に沿って、適時かつ適正な情報開示を行うことを基本方針としています。

情報の開示方法

適時開示規則に該当する情報は、速やかに適時情報開示システム(TDnet)にて開示するとともに、当社IRサイト上にも情報を掲載いたします。適時開示に該当しない情報の開示につきましても、適時開示の趣旨を踏まえて適切な方法により、タイムリーな情報提供に努めてまいります。

コミュニケーションの充実

決算説明会の開催や日々のお問い合わせに対する回答を通じ、株主・投資者の皆様との直接的なコミュニケーションを充実させて参ります。なお、当社により言及される情報は、既に決算発表等で開示された情報か、周知の事実あるいは一般的なビジネス環境等に限られ、未公開の重要事実については、当社は一切言及いたしません。

IR自粛期間

決算情報の漏洩防止及び開示の公平性を確保するため、四半期毎の決算期日から決算発表日までをIR自粛期間とし、この期間については決算・事業見通し等に関するコメントを控えさせていただきます。

IR情報TOPへ

サイオステクノロジーIRポリシーページ

サイオステクノロジー(東京証券取引所 第二部 3744)のIRポリシーについて、ご紹介いたします。

PAGE TOP